大人の服育

大人の服育

 

あぁ最近、服に関するネタがなく困っとります。

 

頭の中では服のネタや鬼クソ濃い愚痴が詰まっていても、それをストーリー的にというか、起承転結の起と結すら文章にできない。

 

改めて文章って難しい。

 

めちゃくちゃ固~~い、葉書のような文面は例文が如くスラスラーっと書けるんですが、、平素は格別のお引き立てを賜り誠におおきに~みたいな。

 

まぁ、根が真面目なんでしょう。

 

 

 

さて本題。

 

興味がないとそうそうたどり着けないワード。

 

そう、<服育>です。

 

服飾学校でも習いますが振り返って勉強しなおすと、思いのほか見直す点が多くビックリ。

 

業界視点で考えると、「服=ファッション」てなります。

 

でも<服育>って、もっとファッションの前、もっと大事で根深いことです。

 

衣食住とも言われるように、住居・食事・衣類は生活と身体に必要不可欠、それは当たり前。

 

 

まずは健康と安全の為の服。

 

真冬に薄手のシャツ一枚では風邪引くし、単車にライダースを着て走るのは少しでも体を守る為。

 

次に環境の為の服。

 

クールビズが一番耳にしますね。

 

ウォームビズも、エアコン節約、暖房節約、空気も汚す原因でもあるし、地球に還るように天然繊維も見直されるべきです。

 

秋はニットでよろしく哀愁

 

最後に国際交流の為の服。

 

和服は言葉通り日本の伝統服、海外民族のそれにも取れる守るべき財産であり文化です。

 

 

本来これら<服育>は子供教育の為に教えるべきこと、なんですが、今となっては服=ファッションとなってます。

 

<大人の服育>と一括りにするのは難しい、それをTPOに応じた着こなしを~と捉えるべきか、上記のように健康・安全・環境・文化と捉えるべきなのか。

 

我々売ってなんぼの業界ですが、ファッション、着こなしなどは今や服屋以外でも雑誌媒体ネット媒体、着こなしを勉強するに至り腐る程に情報量が存在します。

 

一度、服育を見直されてみるのも楽しいですよ。

 

ん~服をたどり見つめ、奥ゆかしい話になりました。

 

まぁまぁ、一回要らない服、年に一回も着なかったな~って服を一回燃えるゴミにお出しください。

 

そしてスーツ、誂えください。よろしくど~ぞ!

 

カテゴリ
アーカイブ
  • オーダースーツを楽しもう(裏地・ボタン・色糸サンプル BOOK)
  • 採寸予約はこちら
  • 生地サンプル
  • メルマガ
  • ネクタイ