ドーメル

ドーメル

スーツ発祥地は英国で
その歴史は16世紀頃から始まりましたが

 

 

明治維新以降
日本にもたらされたスーツは

 

 

実質的に一般男性に広まり始めたのは明治20年以降

 

 

フロックコートが礼服として日常用に用いられ、スリーピースのスーツが通勤着や日常着として普及

 

 

大正時代頃になると男性のスーツスタイルも一気に増えてきましたが、戦前の日本ではスーツの発祥地と同じくすべて個人の体型に合わせて作られる高級品扱い

 

 

昭和時代に入り戦争が激化していくにつれ、華やかさを慎む傾向が広がり、服装に制限がかけられたとか

 

 

戦後は一転して機械の発達により大量生産になったことからスーツは一般的に広く普及し

 

1960年代には身体のラインが出るアイビールック

 

1970年代にはラペルの広いスーツに太いネクタイを合わせるスタイル

 

1980年代以降のバブル期にはダブルのソフトスーツ

 

その後、現代にかけてスーツスタイルの主流はタイトになり、芯材が一切省かれているものも多く、生地も軽やかで滑らかなものが好まれており、より自然なスタイルに

 

 

最近の雑誌では、
またワンタック・ツータックをお見かけするようになり、スーツは時代とともに様々なスタイルが生まれ変化し続けています。

 

 

スーツの発祥地英国紳士の服装はいまでも男性ファッションの基本スタイルです。

 

 

ドーメルで
是非、オーダースーツをお試しください。

横浜店 佐藤(マリサポ)⚽️

 

 

 

カテゴリ
アーカイブ
  • オーダースーツを楽しもう(裏地・ボタン・色糸サンプル BOOK)
  • 採寸予約はこちら
  • 生地サンプル
  • メルマガ
  • ネクタイ春夏