英国式と米国式。

英国式と米国式。

こんにちわ。

ヨドバシ吉祥寺店の山本です。

もう10月も後半。あと2ヶ月もすれば年末だなんて信じられません。

年と共に一年の過ぎ去り方がえげつないほど早くなってきてます….orz

 

さて、今回はこのネクタイのお話です。

 

 

よく見かけるであろうこの柄のネクタイ。

そう!レジメンタルストライプですね。

ですがこの二本のネクタイには大きな違いがあります。

 

先ずコチラ。

よく見かけることが多いレジメンタルストライプですが、この柄には秘密があります。

まずレジメンタル(regimantal)とは英語で「連隊に属する」と云う意味をもっており、元々の起源は英国軍の軍旗をベースとしており、

大学等のスクールカラーを取り入れたスクールタイも広く普及してきました。

現在では様々なストライプが考案され、意味としては薄くなってきてはおりますが、フォーマルなパーティー等では出身連隊や大学を

表すアイコンとしてまだ通用したりもするそうです。

まさに英国伝統のネクタイとも言えるかと思います。

 

 

 

一方こちらのレジメンタルストライプ。

先程のレジメンタルストライプとは大きな違いがあります。

そう!柄の向きです。

先程のレジメンタルストライプは左肩から右肩したへ下がる右下がりのストライプでしたが、このレジメンタルストライプは逆に

右肩より左肩下へ下がる左下がりのレジメンタルストライプ。

 

このストライプは通称「レップタイ」と呼ばれ、起源は1818年創業の某アメリカントラディショナルブランドが考案・商品化

したと言われる米国発祥のレジメンタルなんです。

米国発祥なだけにIVYやプレッピースタイルには欠かせないストライプです。

ネクタイの柄だけでもこれほど面白いエピソードを持っているなんて魅力的な柄ですね(笑)

 

それ以外も面白い、使いやすい柄を豊富に取り揃えております!

 

 

 

スタイルに合わせて様々なネクタイをコーディネートされても面白いと思います。

生地はイタリア・カテナ社の生地を使用し、縫製は日本と云う豪華なネクタイです。

価格は¥4.900(税抜)とお求めやすいです。

 

自分だけの一本を如何でしょうか?

スタッフ一同、お待ちいたしております。

 

 

 

 

 

カテゴリ
アーカイブ
  • ウインターセール(11/10~25)
  • 採寸予約はこちら
  • 生地サンプル
  • メルマガ
  • ネクタイ秋冬