マニカカミーチャ(シャツ袖)について

マニカカミーチャ(シャツ袖)について

マニカカミーチャをご存知ですか。

 

イタリア語でマニカが袖、カミーチャがシャツの事なので、「シャツ袖」という意味で、イタリアは南部のナポリスタイルで使われる、ジャケットの袖を形成する技法のひとつです。

 

特徴は「シャツ袖」と呼ばれるように、肩パットやたれ綿を一切使用せずに、袖を取り付ける際にいせ込み(ギャザーを入れながら、平面な布に丸みを付けて立体的にする方法)を入れて取り付けます。柔らかな雰囲気になり、いせ込んだ事で出来る縦のシワから「雨降り袖」とも呼ばれています。

羽織った感じは肩パットが無いので軽くて肩にフィットし、いせ込みで出来るギャザーで肩の可動域が増えて動きやすくリラックス感も生まれます。カジュアルな雰囲気が有るので、クラシックなスーツよりジャケットに適した仕様です。

 

イタリアのスーツの最大の特徴は、着ている本人の体型に沿いながらも、決して窮屈になる事無く、極めてリラックスした着心地を体現すること。その着心地を追求した結果、狭く攻め込まれたアームホールに加えて、最小限の副資材のみ用いたマニカカミーチャが多用されている様です。

 

しかし、ナポリのサルトと言えども、クラシックなスーツやタキシード、或いはネイビーブレザーにマニカカミーチャを用いることは殆ど無く、そうした類の装いには、カジュアルな雰囲気を持つマニカ・カミーチャは相応しくないと考えているからです。

 

マニカカミーチャの仕様はビルドアップに構築されたスーツより、このシワ感を良しとするようなジャケットスタイルがオススメ。

 

また、ハードな生地よりも柔らかめの生地のほうがオススメで、「ロロピアーナ サマータイム ジャケット」なら、ロロピアーナの柔らかな生地とマニカカミーチャがマッチして、きっとお気に入りのジャケットに仕立て上がると思います。

 

 

カテゴリ
  • オーダースーツを楽しもう(裏地・ボタン・色糸サンプル BOOK)
  • 採寸予約はこちら
  • 生地サンプル
  • メルマガ
  • ネクタイ秋冬