sphone

魅惑のハリスツィード


ちょうど4〜5年ぐらい前でしょうか?
ハリスツィードがオーブのタグを使用し始めてから100年目となる記念のイベントを行なったのは?
あの頃から、ハリスツィードは急に注目されるようになり、今ではジャケットなどの被服だけでなく、パスケース、小物類、はたまた鞄やシューズまで使用されるようになり、私達の目に触れることがグッと増えました。

読者の皆さんも、写真のようなハリスツィードのタグや製品を見たことがあるのではないですか?
※:黒いタグが100周年記念の専用タグです。

トレンドアイテムになったということもあり、街のあちこちで製品が作られ、この冬もきっと色んなお店で取り扱うことになろうかと思います。
そんなハリスツィードですが、読者の皆さんはハリスの特徴やその良さをどれぐらいご存知でしょうか?
NETなどで手に入る情報・知識としてはこんな内容が多いです。

・英スコットランド地方のハリス&ルイス島で織り上げられた伝統的なツィード
・素材の特徴は、今風のソフトな肌触りではなく、全く逆に、昔風の粗野でゴワゴワするような触感
・色柄は、代表的なヘリンボーン柄から大柄の格子柄までミックス調の色使いが特徴
・100年以上の昔から産業のない島嶼地方の寒村の女性達が昔ながらの手織りで作っている


などなど、どれも正しい情報です。
ですが、長年 仕立て屋をしている身としては、このような説明には一抹の寂しさを感じます。
それは何か?
それはハリスツィードの一番の良さを誰も説明されないからです。
ハリスの一番の良さ。

 それは、耐久性です。

今の時代、デザインの流行もありますし、素材も柔らかいイタリア物などが主流ですから、スーツでもジャケットでも10年同じものを着ることは極めて稀です。
そりゃそうですよね。
10年も着れば、擦り切れる場所も出てきますし、見た目にもデザイン的に着れないということが多々あるでしょう。
ですから5年も経てば買い換えるのが一般的ではないでしょうか?
でも、ハリスツィードは違います。

 何が違うか?

ハリスは原毛が太く、脱脂(油分を抜く)もせず、粗野な状態で原糸を作りますから、仕上がりも肉厚で多少の老朽化では生地が擦り減って傷むことはありません。
ですから、その気になれば20年でも30年でも着ることが出来ます。



例えば、このジャケット。
15年ほど前に自分用に仕立てました。ディテールもスェードを使ったパッチポケットにしたりして少し凝って仕立てました。




そういえば、当時嬉しくて、たまたま女子社員とお揃いになったのでこんな写真をHPにアップしたものです。

でも、あれから15年。このハリスがどうなったかというと、、、
生地は、少しずつ劣化し、昔はゴワゴワしていた素材が今は少しソフトに。。。
着始めて7〜8年経過したところで、肘当てのスェードが痛んだため、別柄のハリスで補修して。。。
今でも現役です。
一方、当の本人は昔よりお腹が出て着づらくなり、着る回数も減り、着用回数も減りました。
でも、もう数年すれば、今度は息子に譲られていきます。
昔、生地が高価で貴重だった時。スーツやジャケットは親から子へ譲られるものでした。
この循環に耐えられる素材。これが本当のハリスの良さではないでしょうか?

閑話休題
昔話が多くなりました。
そんなハリスツィードですが、伝統的な格子やヘリンボーンの柄も取り扱っていますが、今年も新柄が沢山入荷して来ましたので、生地の色柄のご紹介やオススメのスタイル、製品も含めてご紹介します。
お持ちでない方は、この機会に是非1着を。
また、お持ちの方は、どうぞ20年30年の愛情を注いで上げてください。
■ 近年オススメのスタイル ■
 素材が堅いハリスツィードはどうしても仕上がりや見た目も堅い印象になります。
一方で、昨今のトレンドは軽い風合いですから、最近は“軽いハリスジャケット”が人気です!

どうすれば良いか?というと、ずばり“楽ジャケット仕様”
楽ジャケットは、肩パッド・芯地・副資材を極力使わない仕上げで、主として夏物としてご評価を頂いておりますが、これを肉厚で堅いハリスツィードに応用することで、ハリスの堅い素材感がそのまま仕上がりの固さとなることを防ぎ、柔らかい印象のハリスジャケットになります。

是非お試し下さい。

→”楽ジャケット”紹介ページ

■ ハリスツィード 2016秋冬 コレクション ■

ヘリンボーン、千鳥格子といったオーソドックスな柄使いから、メランジュタッチの無地まで。32マークと多彩なバリエーションを取りそろえました。それぞれの画像を掲載いたしますので、是非チェックしてください。
 ■ジャケット(シングル)43000円、■コート(シングル)68000円
   ※価格はお仕立て上りの価格(税抜き本体価格)です。



生地拡大


生地拡大


生地拡大

<HT-1600>

<HT-1601>

<HT-1602>



生地拡大


生地拡大


生地拡大

<HT-1603>

<HT-1604>

<HT-1605>



生地拡大


生地拡大


生地拡大

<HT-1606>

<HT-1607>

<HT-1608>



生地拡大


生地拡大


生地拡大

<HT-1609>

<HT-1610>

<HT-1611>



生地拡大


生地拡大


生地拡大

<HT-1612>

<HT-1613>

<HT-1614>



生地拡大


生地拡大


生地拡大

<HT-1615>

<HT-1616>

<HT-1617>



生地拡大


生地拡大


生地拡大

<HT-1618>

<HT-1619>

<HT-1620>



生地拡大


生地拡大


生地拡大

<HT-1621>

<HT-1622>

<HT-1623>



生地拡大


生地拡大


生地拡大

<HT-1624>

<HT-1625>

<HT-1626>



生地拡大


生地拡大


生地拡大

<HT-1627>

<HT-1628>

<HT-1629>



生地拡大


生地拡大

<HT-1630>

<HT-1631>


■ ハリス製品のご紹介 ■
 ビッグヴィジョンではこのハリスツィードを使い、ペンケース、財布、クラッチバッグといった 小物アイテムをオリジナルで作成しました。

毎日使っていても身体に優しい天然素材。生地の質感から男女問わず使用できますので、 プレゼントにも最適です。

長くご愛用頂ける様、飽きの来ない使い勝手の良い、奇をてらわないデザインでまとめてみました。

是非、日常の何気ないシーンを心和む小物アイテムで彩ってください。

全店舗にて販売しておりますが、店舗によっての欠品もございますのでご注意下さい。
ネットで承っておりますので、下記の発注フォームから、お気軽にお申し付け下さい。
→ハリスツィード雑貨ページ

いかがでしょうか?

ご夫婦でお揃いのジャケットを仕立てるも良し。
世代を超え、子供達に引き継いでいける100年ジャケット(←言いすぎ?)を意識して仕立てるも良し。
帽子と同じ生地でジャケットを作ってお洒落するも良し。
トレンドの小物をプレゼントに使うも良し。

人それぞれ色々なやり方でハリスツィードをお愉しみ頂ければ幸いです。