sphone

絶対の逸品『 カシミヤ100%スーツ 』

絶対の逸品『 SUPER160’S 』

 秋風が心地よい季節になりましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか?(H27.9.10執筆)

今年は夏が短かったようで、そうなるとファッション業界にとっては、秋冬シーズンが早めに来ることとなり、にわかに業界も活気付いて来ました。

何故、秋冬シーズンの始まりで活気付くのかというと、やはりそれは寒くなると、素材の良し悪しを肌で直接感じることが出来るようになるからではないでしょうか。

夏物も綿やリネンなど良い素材、涼しい素材などはありますが、やはりそれはカシミヤやアンゴラ、シルクなどの柔らかさ、暖かさには適わないようで、それだけ秋冬シーズンには各社とも力を入れているのです。

そこで、今回皆さんにご紹介したいのは、ビッグヴィジョンが昨年から取り上げている『絶対の逸品』シリーズ。
このシリーズは、読者(お客様)を究極のオーダースーツ(生地)を探す旅にご案内しよう!と考え、年に1度、その年に決めた基準の中から、究極の素材を探し出し、皆様にご紹介します。
昨年はオーダースーツファンなら良くご存知のSUPER○○’Sという基準で素材を検証し、SUPER160'Sという極めて高い品質の素材を提供をいたしました。

2014年版 絶対の逸品 SUPER160’S

このようなことが出来るのは、グループに生地販売商社や、ハンドメイド縫製工場がある当社ならではのグループの総合力によるものですので、他社には真似の出来ない企画です。

さて
前置きが多くなりましたが、そこで今年の「究極の素材を探す基準」ですが、今年は、秋冬らしく暖かさ、肌触りの良い素材を!と考え、カシミヤ100%素材を対象商品といたしました。

実の所、カシミヤ100%のスーツというのは世の中には殆ど流通していません。
一般に市中に流通しているのは、カシミヤ100%のジャケットやコートどまりです。

なぜ?スーツとしては流通しないのでしょうか?
それはカシミヤの最大の武器である、“柔らかさ”がパンツとしては物性的に弱く、製品化が難しいからです。(つまり、膝が出やすいとか痛みやすいといったデメリットがあるからです。)

しかしながら、究極の素材の挑戦はここから始まります。
確かに、カシミヤは素材特性として物性的な弱さはあります。(これを避けてはカシミヤではなくなってしまいます。)

では、どうすれば良いのでしょうか?
洋服の生地は縦糸と横糸が交互に交差する、織物です。
そして、縦糸横糸は、それぞれが細い原毛を撚って1本の糸にしています。
この縦糸・横糸の交差する密度を“織り密度”と言いますが、原毛の弱さをカバーするため、今回の素材では通常のウール素材よりもずっと沢山の糸を限られた範囲に打ち込み、密度の高い織りをすることで、スーツとしての物性面を担保しました。
(※:とはいえ、原毛自体は非常にデリケートですから乱雑に扱えば、間違いなく傷みます。)

そう、今回の素材は、究極の素材であるカシミヤを通常のスーツ生地よりもふんだんに使用して、しっかりと織り上げたからこそスーツとして提供できる究極の一品なのです。

実際、世界の超高級ブランド(伊エルメネジルドゼニア社、伊ロロピアーナetc)では、カシミヤ100%のスーツ地は常時取り扱いがあります。 また、国産でも御幸毛織などではナポレナというシリーズで、カシミヤ100%のスーツ地が販売されています。

しかし、ゼニアやロロピアーナ社のカシミヤスーツは製品価格がそれこそ100万円以上してしまいますし、国内最高峰メーカーである御幸毛織のナポレナのカシミヤでもオーダースーツ上代40万円ぐらいします。

でも、この価格で販売しては、私達から見えれば、お金に物を言わせた「普通の高級品」になってしまいます。ビッグヴィジョンはあくまでコストとパフォーマンスの両立をしながら絶対の逸品を探します。

そこで、自社オリジナルで製品リスクを全て自社でカバーし、原毛は国内で調達し、製造は品質に定評のあるションヘルシリーズを織り上げている尾州の機屋(葛利毛織)さんに依頼しました。



ションヘル織機ションヘル織機の素晴らしさについてはこちらの新着情報でも紹介しておりますので、
是非ご覧ください。(動画つき)

新着情報:生地を織る

そこで本年度ご用意した商品は・・・
色柄は紺・黒・グレイの無地に、人気のシャドーストライプを2色(紺・黒)の計5マーク


紺無地 H15-9018

拡大
グレー無地 H15-9019

拡大
黒無地 H15-9020

拡大
紺地シャドーストライプ
H15-9021


拡大
黒地シャドーストライプ
H15-9022


拡大


お値段は、定価198,000円
色柄の数を抑え、売り残しをなくすことで初めて可能となったお値段です。
生地手配の関係から、店舗には生地サンプルしかありませんが、是非お店にお立ち寄りの際には、今シーズンのビッグヴィジョンの絶対の逸品 カシミヤ100%オーダースーツを是非直接手にとって、味わって見てください。



また、この素材はビッグヴィジョンのレギュラー仕様であるイージーオーダーでも問題ありませんが、本来は仮縫いを入れたフルオーダー(ハンドメイド)でお受けするレベルの最高品質です。
このため仮縫い付きのフルオーダーでも承ります(+60,000円)のでご希望の方は、店舗スタッフへご相談下さい。
仮縫い付きのフルオーダー"

※価格は(税抜)で表示しております。


▲ページ上部へ