2015年春夏Schoenherr シリーズ


ビッグヴィジョンが素材・色・柄まで自社で企画を立て、オリジナルで製作している
SCHOENHRRシリーズ読めるようになりましたでしょうか?

そう、”ションヘル”と読み、それこそご存じない方からしてみれば“
???”の言葉ですが、これは通称ションヘル織機といってオーダー業界では有名な生地を織る織機を意味します。

今から100年以上も前に発明されたションヘル織機。
最新の織機では1日に何反も織り上げる中、昔ながらのシャトルを使い、1日にわずか半反しか織れない織機
そんな織機が今、注目されています。

実は、皆さんご存知のゼニアや他の高級インポートブランドなども高級な生地になれば大抵この織機を使用して織り上げているのですが、日本の尾州地方にはその織機がまだ僅かに残っており、
このションヘルシリーズは国産のションヘル織機を使って当社がオリジナルで織り上げたシリーズです。

永年懇意にしているメーカーさんと1年がかりで交渉・企画し製作したこのションヘルシリーズ
昨冬“絶対の逸品”としてご紹介したSUPER160'Sのシリーズもこの上級ラインとして製作しました。
ご参考:絶対の逸品

その特徴は、、、
物作りは、日本的にじっくり丁寧に作り上げたことと。
色柄作りはインポート的なトレンドの色柄で柄出しをしているところ。

   ■物作りについて詳しくは・・・以前HPでご紹介した

産地取材: 生地を織る をご覧下さい。



  ↑では、高速織機・ションヘル織機のそれぞれが動く様を動画でご覧頂くことで、織り上げのスピード感を実感できます。

ションヘル織機のポイントは、高速で織り上がる生地に対して、ションヘル織機は低速で縦糸に膨らみが出るため、
仕上がりが立体的で柔らかくナチュラルストレッチが掛かった風合いになる、ところです。

今シーズンは、生地の膨らみはそのままに、夏物らしく夏の高級素材であるモヘヤ(アンゴラ山羊)、しかもその子羊の毛(キッドモヘヤ)を21%混紡した素材を皆さんにご紹介します。

キッドモヘヤならではのシャリッとした触感光沢感を是非ご堪能下さい。

インポートに負けない艶感・光沢感を全店舗に全商品ご用意しておりますので是非店頭でご覧下さい。

お値段も円安の影響なく据え置きの58,000(本体価格)です。
 

商品番号:P15-5524

黒地定番ストライプ柄

W80%、KidMohair19% Polyester1%

>>>狙 い

 トップバッターは、打ち出しの強い黒地のストライプ柄
夏場でもスーツをビシッと着たい・着なくてはいけない人にはもってこいの色柄です。
ストライプ幅が11mmと伝統的な定番ストライプ柄で、薄っぺらく見えないところは下地が綾になっており、ションヘルならではのふくらみが表現されているからだと思います。
成分表記の中に、ポリエステルが1%入っていますが、これはストライプの発色を良くする部分で使っている物で、素材感には影響ありません。ご安心下さい。


拡大

商品番号:P15-5525

グレイ地定番ストライプ柄

W80%、KidMohair19% Polyester1%

>>>狙 い

 一方、こちらは色違いのグレイストライプ
グレイと言っても平織りのべたっとしたグレイではなく、縦糸を黒、横糸を白糸を使い、綾織にしているため複雑な表面感になっています。
このため、大人の雰囲気が出て、とても良い感じに仕上がっています。 定番柄ですから、世代は問いませんが、夏でも良いスーツを着たい!という方にオススメです。


拡大

商品番号:P15-5526

ネイビー定番ストライプ柄

W80%、KidMohair19% Polyester1%

>>>狙 い

 続いては、昨夏から引き続きトレンドの明るいネイビーブルーのストライプ柄
これぐらいの色目は夏場の営業で重宝しそうですね。爽やかで好印象を与えながらも、定番柄ですから嫌味がありません
30代~40代ぐらいの活動的な方にオススメの色合いです。


拡大

商品番号:P15-5527

濃紺定番ストライプ柄

W80%、KidMohair19% Polyester1%

>>>狙 い

 定番ストライプ柄最後は、こちらも定番の濃紺ベースのストライプ柄
この手の色・柄は洋の東西、時代を問わず使えますから、何にしても便利。
加えて、ションヘルの素材感は安っぽくは見えませんから、ビジネスの勝負スーツとして1着所有しているととても便利です。
多少お金がかかってもカスタム仕様で仕立てて、このスーツを着たいから体型を維持するんだ!という気持ちでいたいスーツですね。


拡大

商品番号:P15-5528

ネイビー格子柄

W81%、KidMohair19%

>>>狙 い

 こちらは、Super100'S原毛とキッドモヘヤをブレンドした上質な原毛を使用したことと、手間のかかる複雑な織り>が出来るションヘル織機のならではの仕上がりが分かる逸品。
画像をご覧頂くと、大き目の格子柄がありますが、よくよく下地を見ると、下地に地模様入り格子柄になっているのが分かると思います。
こういった複雑な織りができるのもションヘルの特徴ですが、ネイビーならではの生地の光沢感が何とも言えず高級感があります。
店舗で是非手にとって頂きたい逸品ですね。


拡大

商品番号:P15-5529

黒地格子柄

W81%、KidMohair19%

>>>狙 い

 一方、こちらは色違いの黒ベースの格子柄。
こちらも地模様の格子柄も綺麗に出ていて、生地の表面に光沢感があり、とても良い感じです。
格子柄はちょっと子供っぽくない?とお考えの方にもこれなら大人の雰囲気が演出できて、良いのではないでしょうか?
こちらも生地の光沢感が下地の黒によく映え、高級感があります


拡大

商品番号:P15-5530

ミディアムグレイ格子柄

W81%、KidMohair19%

>>>狙 い

 こちらは色違いのミディアムグレイの格子柄。
↑の紺や黒と比べると、気軽に着れる色目なのがありがたいですが、それでも下地の複雑さから来る高級感は、子供っぽい格子柄に見えないところがミソではないでしょうか?
夏場はグレイ系の熱を吸収しない色目が良いという方、クールビズで上着が要らない時にパンツ単品で着れる格子柄は便利という方にオススメです。


拡大

商品番号:P15-5531

ネイビー無地(ホップサック調 3プライ)

W80%、KidMohair20%

>>>狙 い

 読者の皆さんは、3プライの生地(糸)って、ご存知でしょうか?
通常糸は2本の細い糸を撚って1本の糸にした双糸か、1本の糸のままの単糸を使用して生地を織りますが、これを3本の糸を撚って1本の糸にしたものを3PLY(プライ)と言います。
この生地の特徴は、糸が太くなるためざっくりとした織り上がりになること。
これはイタリア的な“しなやかさ”を求める生地感には合いませんが、夏物のざっくりとした通気性の良いスーツ(ジャケット)には最適の素材です。
この生地は特にネイビー無地ですから、単品ジャケットなどに適品です。


拡大

商品番号:P15-5532

ミディアムグレイ無地(ホップサック調 3プライ)

W80%、KidMohair20%

>>>狙 い

 こちらは色違いのミディアムグレイ無地
↑ネイビーが単品ジャケット適品だとすると、こちらはスーツもしくはパンツ単品でしょうか?
夏場はスーツはいらないけれどそれなりのパンツは履かないと!という方に特にオススメです。
細番手Super100'Sの原毛を、あえて太く3プライにして生地にするところが、当社オリジナルならではの所作です。


拡大

商品番号:P15-5533

紺地 大柄ウインドペーン柄 3プライ

W81%、KidMohair19%

>>>狙 い

 こちらは、人気の大柄ウインドペーンをザックリとした織り上がりの3プライで仕上げました。
いかがでしょうか?
スーツで着ると若干インパクトがありますが、20代後半のデキル先輩に適した柄ではないでしょうか?
またジャケット・パンツそれぞれ単品使いでも柄がアクセントになってシャツが映えると思います。


拡大

商品番号:P15-5534

グレイ地 大柄ウインドペーン柄 3プライ

W81%、KidMohair19%

>>>狙 い

 こちらは色違いのライトグレイベースのウインドペーン
こちらも格子柄が強い印象を与えますので、ジャケットにしてもパンツにしても良いアクセントになると思います。
暑い夏場はリネンのシャツにこのパンツでコーディネートすればトレンド感抜群ではないでしょうか?
3プライの素材感は、クールビズ期に適していますね


拡大

商品番号:P15-5535

グレイ地ストライプ柄 3プライ

W80%、KidMohair20%

>>>狙 い

 3プライシリーズの最後は少し幅広ストライプ柄
ザックリとした織り上がりがややカジュアルライクに見える3プライを、力強い幅広ストライプ柄で仕上げると、英国物生地を彷彿させるようなカチッとした雰囲気の生地になります。
英国製生地が好きな人にとってはさながら一昔前のテーラーロッジドーメルのスーパーブリオあたりの雰囲気でしょうか?
この辺のブランドもこういった原毛を沢山使用する生地を最近は作らなくなりました。
そういった点では昔の英国的な素材感をお求めの方にオススメです。


拡大

商品番号:P15-5536

ネイビー地 赤ストライプ柄 3プライ

W80%、KidMohair20%

>>>狙 い

 こちらは色違いのネイビーブルーに、強めの赤ストライプを配した生地。
この柄を考えるときには昔の英国生地を復刻させようという意図のもと色柄を決めましたが、インポート生地にはこういった遊び心があるのがインポートならではのところです。
それを、国産で作り、しかも今年インポート品は値上げの中でお値段据え置きで作れましたから、企画側としては“してやったり”です。


拡大

商品番号:P15-5537

濃紺地ストライプ柄 3プライ

W80%、KidMohair20%

>>>狙 い

 3プライ幅広ストライプの最後は一番硬派な濃紺地に白ストライプの打ち出しの強い柄。 人がスーツに求めることには大きく、①自分を力強く見せる という感覚と ②男のセクシーさを表現するという2方向があり、クラシコイタリア的な発想は②ですが、この生地は明らかに①です。
夏場でもしっかりスーツを着て、タフなネゴシエイトをこなすビジネスマンにオススメです。
また、3プライの通気性の良さは夏場でも紺系の濃色スーツを着る人には重宝すると思います。
テキスト


拡大

商品番号:P15-5520

シャンブレー グレイ無地

W79%、KidMohair21%

>>>狙 い

こちらはグレイのシャンブレー無地
縦糸を黒、横糸を明るめのグレイにすることで、モヘヤらしいグレイのシャンブレーを作りました。
普通の平織りのグレイ無地とは違った、やや目が粗く見える素材感が夏らしくて良いですね。
こちらもスーツでも良し、パンツ単品で着ても良し、勿論ジャケット単品でもOKです。
クールビズ期にはリネンのシャツではなく、白やブルーの艶感あるインポートコットンシャツなどで合わせると洒落た雰囲気になるでしょう。


拡大

商品番号:P15-5518

濃グレイ無地柄

W79%、KidMohair21%

>>>狙 い

こちらは縦糸横糸はそのまま同じ濃グレイで織った素材。
平織りでもザックリした織り方であるのと、横糸に使ったモヘヤが僅かに他のウールよりも原毛が細く、その分横に少し段が入っているように見えるところがキモでしょうか。
リクルートスーツのようなグレイが嫌なミドル世代に愛される色柄で、モヘヤのサラッとした触感と相まって若造との違いを出したい方にオススメの一品


拡大

商品番号:P15-5519

紺無地柄

W79%、KidMohair21%

>>>狙 い

こちらは色違いの濃紺無地。これもなかなか良い色目です。
普通の平織りですと、ペラっとした仕上がりになりますが、ションヘルの膨らみある素材感と、モヘヤ混の横に段が入ったような素材感が相まって、英国製モヘヤ生地のような雰囲気を醸し出しました。
さながら英国物でしたらテーラーロッジの雰囲気とでも言うのでしょうか。
そろそろ改めて紺無地を体験したい、30代ぐらいからの諸兄にお勧めの一品です。


拡大

商品番号:P15-5521

グレイヘリンボーン柄

W79%、KidMohair21%

>>>狙 い

こちらは紺ブレに合わせるボトムとしては最強素材かも知れません。
フォーマル感あるヘリンボーンはスーツでも良いですし、ジャケットでもOK。意外なところでは紺ブレとの相性が最高に良いのです。
クールビズ期に、紺ブレの下に履くボトムが安っぽくて、もう少しジャケット&パンツ姿にキチンと感を出せないかなぁ...と悩んでいる方は是非試してみてください。
1着持っていて損はない、最高マルチプレーヤーです。


拡大

商品番号:P15-5522

紺地ヘリンボーン柄

W79%、KidMohair21%

>>>狙 い

色違いのやや明るめの紺地ヘリンボーン柄
こちらもスーツでももちろんOKですが、意外なところでオススメは、2着目紺ブレをお捜しの人にオススメ。
えっ?!ヘリンボーンの織り柄が入っているのに紺ブレでいいの?
紺ブレは無地でなければ変じゃない?

そう、お思いの方って多いと思いますが、だからこそジャケット単品で着てみてください

ただし、スーツの上を無理に合わせました!というのではNGです。
ちょっと着丈を短く、肩パットの薄いV2パターン楽ジャケットにして着れば、凄く洒落た2nd紺ブレになります!


拡大

商品番号:P15-5523

黒地ヘリンボーン柄

W79%、KidMohair21%

>>>狙 い

最後は黒のヘリンボーン柄
こちらはフォーマル度の高い黒、そしてヘリンボーン柄ということで、フォーマル的に使っても良いでしょうし、意外とこちらもジャケットとボトムそれぞれ別で使っても洒落た感じになります。
イメージとしてはビジネスなら契約事など気合いを入れるとき、パンツ単品ユースなら、仕事が終わった後洒落たお店に飲みに行くとき、などに着てみてはいかがでしょうか?

モヘヤの光沢感がさりげなく素材の高級感を主張してくれますよ。


拡大

いかがでしょうか?
今シーズンのションヘルは、国産トップグレードを意識して、物作りしました。
モヘヤの光沢感、シャリ感、キッドモヘヤならではの柔らかさ、そしてションヘルの膨らみある素材感。
国産だからこそ出来る手の込んだ丁寧な作りの素材ですから、素材感だけでも一度手にとって体感してみてください。

▲ページ上部へ