〜RE-BORN〜 11/8 ビッグヴィジョン日比谷店は生まれ変わります!


ビッグヴィジョン日比谷店は装いも新たに11月8日にRE-BORNオープンいたします。
店装デザインも一新し、フルオーダーなども受注可能な応接を設置し、オーダースーツ・シャツだけではなく、ファッション感度の高いアイテムの 取り扱いを始めます。(人気がありながらなかなか手に入らないYANKOの靴、タテオシアン、トンプソンのアクセサリー、レブロン、ノストロアテューの革小物、アランセーター、といったファッションアイテムの取り扱いをすすめていきます。)

しかしながら、オーダースーツの価格は変わりません
『頑張るビジネスマンを応援します!!!』
このポリシーを大切に運営してまいります。

ビッグヴィジョンが、新たに生まれ変わって未来に向かう姿をご覧ください。






パース(見取り図)をご覧いただければ分かりますように、店内はゆっくりお掛け頂きながら会話が出来る応接セットも配置しました。
”ビスポーク”・・英語で『注文の〜』の意味の単語です。
語源は顧客様が「会話しながら = be spoken」洋服を仕立てていくことに由来しています。
新しい日比谷店では、はこの言葉の意味を受け止め、会話しながらご注文いただける環境を用意させていただき、ご要望に合ったスタイルを提案できる環境を整えています。
事前のご予約制となりますが、応接室のご利用は無料ですので、お一人でもご友人やご家族とお誘いあわせでもご利用ください。
お客様にスタイリングのアイディアを語っていただきながら、気に入っていただける良いものを作り上げていきたいと考えております。棚什器、テーブル、ショーケースといった什器も数多く配置し、ファッション感度の高いアイテムを展開してまいります。

しかしながら、オーダースーツの価格は変わりません
『頑張るビジネスマンを応援します!!!』このポリシーを大切に運営してまいります。

ビッグヴィジョンが、新たに生まれ変わって未来に向かう姿をご期待ください。
『ファッション性、遊び心、を大切に、どこよりも高品質な洋服をどこよりもお手軽にお届けする。』
をモットーに私たちは進んでまいります。

開店記念フェアーのページはこちらです。



そこで、RE-BORNする日比谷店がどのように違うのか?
新たに取り扱うアイテムの数々をご紹介いたします。
日比谷店ではスーツ・シャツ以外にも次のようなファッションアイテムを取り扱います。
これまでにないアイテムの数々をご覧下さい。

 シューズ: YANKO(ヤンコ)




ヨーロッパの靴の名門、逸品とされる『YANKO』ヤンコは1961年、スペイン・マヨルカ島の工房から始まり、1980年にアルバラデボ家により創業されました。
得意とする製法であるグッドイヤーウェルテッドはその発祥であるイギリスと比べ、全く遜色はなくその完成度は高く評価されています。
生産は自社で一貫しておこなわれ、木型も同社が削り出しています。日本人の足に合うように調整されている木型の展開もあり、日本に数多くのファンを持つヨーロッパの靴の逸品です。
ぜひ一度ショップでご確認ください。

カフリンクス:TATEOSSIAN(タテオシアン)


タテオシアン(TATEOSSIAN)とは、イギリスのジュエリーブランドです。クウェート出身のジュエリーデザイナー、ロバート・タテオシアン氏によって1990年に創立されました。
彼は大学卒業後、世界的な投資銀行で働いていたという異色のキャリアを持ちますが、デザイナーに転身してからはカフリンクス、ジュエリー、シャツなどのコレクションを精力的に発表しています。
独創的なスタイルはカフス業界に革命をもたらし、 楽しさを持ちつつも機能的でファッショナブルなデザインは、「キングオブカフス(King of Cufflink)」の栄誉を授かりました。そのコレクションは、カフスだけではなく時計や宝飾品まで拡大し世界有数のジュエリーとアクセサリーのブランドの一つとしての名声を築いています。
高い品質の、少し変化(面白さ)のあるアクセサリーメーカーとして高い人気を誇ります。

カフリンクス・タイバー:Thompson London(トンプソン・ロンドン)


トンプソン・ロンドンは、TATEOSSIANのデザイナーチーフであったアリエル・トンプソンが立ち上げたアクセサリーブランドです。彼は17歳になるまでパラグアイで過ごし、ファション、ビジュアルアートへの情熱を持ってヨーロッパに渡りました。ミラノ、ロンドンにて企業イメージのデザイン、ジュエリーデザイナーとして活動した後、タテオシアン・ロンドン、自身のレーベルであるトンプソン・ロンドンのクリエイティブ・ディレクターを務めています。
スマートでお洒落、ユニークなデザインのカフリンクスやジュエリーはお求め易い価格で、世界各国の百貨店やブティックで販売されており、英国ハロッズなど、高級ショップで取り扱われている人気ブランドです。
キング・オブ・カフリンクスと言われるタテオシアンから派生したブランドだけに、品質、マテリアル、デザインに妥協するこなく、作りとデザインは秀逸で、しかも比較的リーズナブルな価格設定がなされており、注目を集めてるブランドです。

 レザーアイテム:L’AIGLON(レグロン)


創業一世紀を超えるフランスの老舗ベルト・革小物のファクトリーブランドです。ブランド名はナポレオンの子であるナポレオン二世の愛称『鷲の子供』を意味するL’AIGLON(レグロン)に由来しています。
19世紀の神秘の象徴である、21歳の若さでこの世を去ったレグロン(ナポレオンU世)のストーリーに触発され、ブランド名に「レグロン」を用いる事でナポレオンU世、強いては皇帝ナポレオンに対して敬意を示しています。
伝統の技術と確かな審美眼に基づいて生み出される製品には、レグロンの聡明で高貴な雰囲気があり、大人のこだわりの一品として幅広いシーンにおいて活躍しています。
上質な素材選定と卓越した製造技術によるこだわりの商品創りが魅力的です。

レザーアイテム:Nostroatout(ノストロアテュー)




1927年(昭和2年)に創業し、日本のベルト・革小物の歴史を担ってきたといっても過言ではない株式会社守屋が送り出すオリジナル商品です
ノストロアテュー、イタリア語で「切り札」を意味し、素材やカラーリングにこだわったイタリアンテイストあふれるブランドです。 厳選された素材をカラフルに染色した楽しさ溢れるカラーリングはもちろん、堅牢な仕上げが好評です。

Aran sweater(アランセータ)




アランセーターとは、独特のケーブル編み(アラン編み)が施された、非常に厚手なのが特徴の、基本的にウール(羊毛)素材を使用して織られているセーターです。
20世紀初頭に、アラン諸島の港に出入りしていたスコットランド人家族のガンジーセーターがベースとなり、そこに編み手の女性の業が加わり島独特の美的感覚から装飾性のあるセーターが出来上がったのが、アランセーターの発祥と言われています。
1枚1枚手編みで編み上げられたセーターは、何ともいえない素晴らしい風合いです。着用するとその暖かみに包まれる感覚を是非一度お試し下さい。漁業という厳しい環境でも着用されるそのニットは、正に一生ものとしてご着用頂けるのではないでしょうか。
ぜひ一度ショップにてお確かめください。一着一着編んだ人の名前が記されており、まるで母親が編んでくれたニットのような暖かい気持ちにさせてくれます。









新店の写真です。(クリックしていただきますと拡大します)


ショップが立地する街日比谷、
近くに明治時代、日本に新しい西洋の服飾文化を取り入れるべく建てられた『鹿鳴館』の跡地がございます。お店から北へ約5分ほど、帝国ホテルの隣、NBF日比谷ビルの前の広いエントランススペースのあたりです。
新しい日本を創る意欲を持って集った人々の足跡、歴史を感じるこの地で、新しいイメージの発信ができることはとても光栄に感じます。私たちも一歩一歩、着実に進んでいきたいと思います。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
こちらの・・・開店記念フェアーのページにMAPを掲載いたしております。

鹿鳴館

◆ビッグヴィジョン 日比谷店
東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-3503-4871
FAX:03-3503-4872

▲ページ上部へ