シャツのカスタム仕立て始まります!


 葉桜が目に鮮やかに映り、風薫る季節になりましたが皆さんお元気でしょうか?
そろそろ外出の予定が気になる時期になりました。
さて
そんな外出が楽しくなる今の時期はファッションの面でも色々とお洒落を楽しめる季節です。
季節が変わり、少しずつ汗ばむ陽気になると、主役はスーツからジャケット&パンツへ、そしてシャツへと変わってきますが皆さんはビジネスやお休みの日はどんなシャツをお召しになられていますか?

えっ?ビジネスでは普通のYシャツで、カジュアルでは既製のシャツだよ・・・

...こんな方が一般的ですよね。

ですから、あまり着る物に頓着されない方は、ビジネスでもカジュアルでもボタンダウンの白シャツでオールマイティーにこなす、、、という方も多いはず。
時々そのワンパターンに冷たい視線を感じることはありませんか?

実のところ、オーダースーツのお仕立てをしていて、スーツには生地やディテールに凝る方でも意外とシャツに対してはルーズな方は結構いらっしゃいます。

でも、最近こういった方が少しずつ私共にシャツについて色々とご質問されることが増えてきました。

  店長ー シャツの流行ってどうなの? とか
  良い仕立てのシャツってどんな所が違うの?
  ...といったご質問です。

実際、世の中の流れとして、ここ5〜6年でクールビズが浸透してきて、ジャケットを着る機会が減ってくると、ファッションの決め手が少しずつ、スーツ(上着)からシャツやパンツに移ってきているようです。
だからお客様の方も良い物が気になるようなのです。

  な・る・ほ・ど・・・

そこで、ビッグヴィジョンではこの春夏、従来のシャツの仕立ての上級ラインとしてシャツのカスタム仕立てを作ることにいたしました。

シャツのカスタム仕立てで意識したのは、、、ずばり!男の色気です。
イタリアなどの外国の街で見かけるシャツ姿の男性はネクタイがなくても、どうしてあぁもカッコイイのでしょうか?
体型?センス?色々と上げられますが、我々ファッション業界の人間としてはその要因の1つに、

  襟が綺麗に立っているから  ・・・という要素を加えたいと思います。


拡大
昨今はクールビズの定着もあり、ホワイトカラーの人達もネクタイを外す機会が増えてきました。
そんな時、ただネクタイを外しただけの姿では折角のシャツが勿体ないです。
そこで私達は上質なシャツの原点に帰り、“襟が美しく立つ”ことを重視した縫製を行っています。
素材やデザイン、糊の強弱にも因りますから、誰が仕立てても必ず綺麗に立つ!とは断言できませんが、当店の仕立てたシャツの襟の立ち具合、是非検証してください。


■ カスタム仕立てのご案内 ■
 シャツのカスタム仕立ては、通常のお値段にプラス2,000円(税別)で次のような仕様に変わります。
□ 襟の芯地(フラシ芯) □
 シャツのお仕立では通常は縫製工程を楽に、そしてコストを下げるために、接着芯という糊が付いた芯地を首周りに貼ります。

しかし、これは素材を堅く感じさせますし、何より直接肌に触れる襟足の表側に堅い芯を張ると首周りにゴワ付き感が出て、着心地が悪化します。

そこでカスタム仕立てでは、フラシ芯という“生地と密着しない芯地”を使うことで首周りの快適性を追求しました。
:厳密に言いますと仮接着芯と言い、当初は接着芯ですが数度の洗濯で糊が溶けその後はフラシ芯同様になる芯地を使用しています。

またこの仮接着芯は、いずれは溶けて生地から離れてしまう芯地ですが、当初のお仕立てでは、接着面を襟足の裏面(ネクタイが当たる側、肌に触れない側)に仮接着芯を貼ることで、着用当初から芯地が首周りにできるだけ触れないように配慮しています。

一手間多く掛かりますが、これによりネクタイが通る側がしっかりすることでネクタイ通しを良くし、一方で肌に直接触れる面は芯地が張っていないため肌触りが柔らかくなります。
このやり方はイタリア的な物作りでよくやる手法ですが、一般的な製品は写真撮りの見た目を気にするため堅い接着芯を肌に触れる側に芯地を貼って仕上げる所がほとんどです。

画像は、仕上がったばかりのシャツ。
凹凸が分かるようにフラッシュを焚いて撮影しましたが、丸印のところが少しプカっと生地が浮いているのがお分かり頂けますか?
これが襟足の表側に芯地が付いていない証拠です。(よく見ると他にも沢山ありますヨ)

拡大
□ 縫製の運針 □
 運針とは1インチ(約2.5cm)の中をどれだけの針数で縫うか?という基準ですが、通常の製品では16〜18針で仕立てるのが一般的ですが、当店の仕様ではこれをより細かく21〜22針で縫うよう指導しております。

縫製スピードは遅くなりますが、その分緻密な縫製をしたシャツが仕上がります。)

□ 前振りの利いた後付けの袖 □
 通常シャツの縫製では、見頃(胴体の部分)の裾から縫いはじめ、脇下まで来たところで、そのまま袖に移り、袖先まで一気に縫い上げます。
このため見頃と袖の縫い合わせである脇下の部分は、1点で縫い合わさっています。(お手持ちのシャツの脇の下をご覧下さい。)
これは、胴体の縫製と袖の縫製を一気に仕上げることで作業効率を上げるために行っているのですが、このやり方ですと着用する人の腕の向きと、シャツの袖の向きが合致していません。

つまり、身体(見頃)の中心と腕(袖)の中心が同じ点で縫い合わされているということは、腕が“気を付け”をした状態を自然体として縫っていることに他ならないのです。)
一方で、普段の皆さんの腕(身体)はどうでしょうか?
自然な状態では手は身体に対して少し前に位置していませんか?
私達が気にするのはこの点です。


拡大
人間の手は少し前方に向いている訳ですからシャツの袖も少し前に向けて袖を付けるべきではないかと。
このことはスーツでは当たり前のように行っていることですが、シャツではこれまであまり意識されてきませんでした。(この辺が安いシャツと高いシャツの仕立ての違いなのです。)

そして、これを解消するためには袖の中心点を身体に対して前に持っていく必要があります。
専門的にはこれを“袖付けを前振りにする”と言いますが、これによって当店の仕立てでは脇下部分の縫い合わせが、画像のように2cm程度袖が前に付きます。
作業効率は著しく悪化しますが、私達は着心地優先でこういった点にも注目してお仕立しております。


拡大
一度お試しになって このように 腕をグッと前に出してみてください 。これまでのシャツにはなかった 腕の開放感が得られると思います。

□ 3mm厚高瀬貝ボタン □
 皆さんお使いのシャツのボタンは貝ボタンでしょうか?それともプラスティック?

化学品と比べて貝のような天然物は数量・品質が限定されるだけに、それだけで高価な物と考えられますが、貝ボタンは単に希少性だけから高級(高価)という訳ではありません
私達が貝ボタンを使うには訳があります。

それは、、、
毎日使うシャツは日毎汚れればクリーニングや洗濯されます。
当然、最後にはアイロンでシワを伸ばし次の着用を待つことになりますが、その際どんなに丁寧にプレスをしてもボタンはアイロンの熱に晒されます。

時に、クリーニング屋で仕上がってくるシャツはボタンが生地に沈み込むような形でプレスされることがありますが、これはボタンごと高圧プレスを掛けていることに他なりません。


拡大
そのような時、元々が石油系のプラスティックは温度によっては溶けたり、焦げたり、変質します。
一方で貝ボタンでは表面のたん白が剥離することはあってもプラスティックより熱に強く変質しにくい特徴があります。

加えて、貝ボタンならではの微妙な表面感
天然物ですから1つ1つ表情が微妙に違いますし、ボタンにする過程で研磨するため微妙なざらつき感が滑りにくくさせボタンを留めやすくします。

当店では、高級感を出すため、また上質なボタン付けをしていることもあり、高瀬貝ボタンの中から厚みのある3mmの物を標準仕様で使用しております。
□ ボタン千鳥掛け □
 当社ではボタン付けにもこだわりがあります。

一般にシャツのボタン付けは×=の字に留めることが多いですが、当店のシャツではこれを鳥の足のような千鳥掛けでお付けいたします。
もちろん、これはミシンでは出来ないことでその作業は全て手作業で行います。

何が良いか?どこが良いか?
それは、千鳥掛けにすることでボタンを留める中心点が僅かにずれ、ボタンに微妙な傾斜が付くことです。

拡大
これにより微妙な傾斜がボタンを付けやすくするという利点が生まれます。

あわせて全て手作業で付けると言うことは、ボタンの裏側に軸を付けることとなり、その厚みからボタンが留め易く、取れにくくなるという利点も生まれます。

どちらも生産効率を上げるという発想からではなく、お客様がお召しになる時いかに快適にご着用頂けるか?ということを考えた末に行き着いた当社ならではのやり方です。

画像はボタンの裏側の画像。
しっかりとした軸があるのがお分かり頂けると思います。

拡大
□ スプリットヨーク □
 シャツの肩部分(ヨーク)を背中心を境に2つに割って仕立てた物スプリットヨークと言います。
廉価なシャツ、生産効率重視のシャツではこの部分を1枚で仕立てますが、これですと生地の縦糸横糸の地の目と肩(背中)の丸みに合わず、フィット感や耐久性が劣ってしまいます。

ストライプ柄などのシャツが一番分かりやすいですが、背中を見て背中心で切り返しがあり、柄が真横ではなく腕の方向にやや斜めに入っているのがスピリットヨークの特徴です。

生地の柄が腕を前に出す方向に向いている...と考えれば自ずと効果の程もご理解いただけるかと思います。

拡大
□ ガゼット □
 ガゼットとはシャツの裾で、前身頃と後身頃を縫い合わせる部分に付ける5角形の補強布を言います。
その昔、縫製技術が未熟な頃、シャツは裾の縫い目から裂けることが多く、これを防ぐための補強です。
昨今の縫製技術では裂けるようなことは滅多にありませんが、こういった所まで気を遣ってお仕立しております。

如何でしょうか? このシャツのカスタム仕立ては1枚7,200円以上のシャツ(綿100%素材以上)に+2,000円(税抜き)でお仕立ていたします。
シャツはボタンや襟の作りがちょっと良くなるだけで見た目も変わりますし、何より着心地が良いですよ。
ビジネスシャツでももちろんですが、夏場にシャツ1枚になるとき、お洒落だな〜と思わせるのはONでもOFFでも同じです。
是非、色んなシチュエーションで試してみてください

拡大


拡大

拡大

拡大

拡大

▲ページ上部へ