クールビズいろいろ 一枚仕立て“楽”ジャケット

 最近は早い会社ではGW明けからクールビズが始まる会社もあるようですが、皆さんの周りはいかがでしょうか?
初夏の陽気が多くなり、外出が心地よい季節になりました。

さて
そんなそろそろ衣替えを考えなければならない時、気になるのは・・・

  今年のクールビズどうしよう?

...ではないでしょうか?


クールビズも定着し、職場の女性達の眼も厳しくなってきましたから、そろそろヨレヨレの紺ブレ+ウールパンツだけではイメージがダウンしそう。。。

特に、男性はアクセサリーが女性と比べ少ないですから、クールビズでネクタイがなくなると、どうしても目の行き場が限られてしまいます。
洒落たシャツにしてみたり、チーフをしてみたりと色々とやってみますが、それでも質感の低下が避けられません。


拡大

何とかクールビズで安っぽい紺ブレのイメージから脱却できないか???

そんなお悩みを解決すべく、ビッグヴィジョンでは昨年から一枚仕立て“楽”ジャケットを皆さんにご提案しております。

ご参考:
 >> 2012年版春夏物“楽ジャケット
 >> 2012年秋冬版 “楽ジャケット

 このジャケットのコンセプトは・・・

   軽やかで、柔らかく洒落た作り
       上品でくだけすぎない服の顔
         ハンドメイドのような入念仕立て
           オンもオフもコーディネート出来るデザインと素材  ・・・でした。


昨年は、、、お陰様で新発売すると、これまで無かったハンドメイドテイストや洒落た雰囲気が人気となり、大変ご好評頂きました。

そこで、この“楽”ジャケットの2013年版を制作いたしました。

今年も“楽”ジャケット専用の生地を仕入れ、また異素材への汎用性も高めました
詳細は以下でご紹介しますが、まずその前に、“楽”ジャケットの服作りのポイントからご紹介したします。


見た目のポイント

ファッションは何と言っても見た目が肝心です。
このジャケットでは次の点がそのポイントになっています。

@ 肩周りや胸の辺りの美しいドレープ

>>>通常、肩パッドをはじめ、胸の増芯、ボリューム感を出すためのフェルト等々の副資材を入れることで肩や胸回りのボリュームを出しますが、それらを一切使わずに表現したこのドレープ感。

マニカカミーチャ(雨降らし)と呼ばれる肩周りから、胸周りにかけてのフンワリ感が良い具合に仕上がりました。


拡大


A ラペルからフロントカット
  前裾にかけての美しいライン


>>>ジャケットの顔となるのはやはりフロントのラペルから裾にかけてのロールやカッティングによる美しいカーブです。
袖もシャープなラインに仕上がりました。

特に、第1ボタン近辺のラペルのロール感および裾に掛けてのラインで、高級感や色気を醸し出しています。
襟周りは一般に芯地がないとダランとしてしまいますが、そのようにならないところが高い技術の証です。

また横からご覧頂いて、袖の細さ、いかがでしょうか?
長年のハンドメイド縫製の経験からファッショナブルである一方で、細すぎないギリギリのサイジングにしています。


拡大


拡大


B お尻を包み込むようなソフトなシルエット

>>>実験室にあるフラスコのような、腰回りにフンワリ感を持たせたシルエットです。

意識される方は多くないかも知れませんが、これに気付けばファッション感度は極めて高く、クラシコイタリア的な男の色気を漂わせています。


拡大


C 肩や背中や袖など、フロント以外も
  ピックステッチによる総ステッチ仕上げ


>>>クラシコイタリア的な味を出すために必要な無駄?とも感じられる、非常に手間のかかる総ステッチ

縫い目を片倒しと呼ばれる手法により、見た目に段差が付いたような立体感と独特のメリハリを付けています。


拡大


D 見えない裏まで表同様の入念な仕上げ

>>>Appleのスティーブ・ジョブズ氏が製品開発でこだわったのは、マシンの内側や裏側の見えないところの「美しさ」でした。

この一枚仕立て“楽”ジャケットも、アップル製品同様、裏側の仕上げに拘り、表同様に一針一針入念に仕立てて、美しい出来上がりになりました。


拡大


こんなハンドメイド要素をふんだんに用いた“楽”ジャケットですが、
今シーズンは、その中で次の商品をオススメ商品としてご用意しました。



■ オススメ商品:伊ロロピアーナ ジランダー (ポーラ) ■

ジャケット定価  53,750円 + 楽ジャケットオプション(+10,000円)

= 63,750円 を 今年の目玉商品として 49,800円

...で、ご提供いたします!   


もう少しご説明すると、、、
生地はイタリアの代表的な生地メーカー&ブランドであるロロピアーナ社製のジランダー 

ロロピアーナ社は柔らかな素材感と色気ある色作りが特徴ですが、その中でこのジランダー(ポーラ)は少々異色で、夏のジャケット用にザックリ織り上げた生地です。
質感も、しなやかなスーツの生地と言うよりは、ザックリ多少カジュアルに織り上げ、独特の雰囲気を醸し出します。
その素材感は通常の平織りのジャケットと比べると俄然ジャケット的な雰囲気が出て、ビジネスにもプライベートにもどちらにも使える最強ブレザーとなるでしょう。

それを下記5配色で展開します。

<黒>

<濃紺>

<ネイビー>

<グレイ>

<ライトグレイ>


拡大


拡大


拡大


拡大


拡大


 もちろんジャケット単品でも良し、パンツも作って上下にしても良し。どちらもイイ感じです。



□ アレンジは・・・ □

         
        ところで、このジャケット。
オススメは上記ロロピアーナ社のポーラですが、もちろんその他の生地でもお仕立てが可能です。

夏のクールビズですから、紺ブレが定番ですが、最近はコットンジャケットやリネンのジャケットもビジネスカジュアルとして認知されるようになりましたから原則どんな素材でもOK。

加えて、
今年のビッグヴィジョンは例年以上にクールビズに積極的になろうと考え

通常価格10,000円の楽ジャケットオプション価格を・・・

半額の5,000円でご提供します!



セレクトショップ等では6万円前後はするアンコン仕立てのジャケットが3〜4万円台で入手できるチャンスです。

是非お試し下さい!


拡大


拡大


拡大


拡大


私(MD玉岡)のリネンジャケット
お値段:38,000+5,000=43,000円


当社スタッフ某の冬物ジャケット
(ロロピアーナ)
お値段:49,800円


当社スタッフ某2の綿ジャケット
お値段:29,500+5000=34,500円


いかがでしょうか?

代表的なロロピアーナのジランダーポーラは洒落た定番紺ブレですが、それ以外の生地でも色んなアレンジが利いて、また、大変ファッショナブルなジャケットになりますね。
また、他のセレクトショップと比べ 圧倒的にお手頃価格なのもビッグヴィジョンならではないでしょうか?

是非“楽”ジャケットでクールビズを味方につけイメージUP!、お洒落な夏をお過ごし下さい。

今シーズンもご愛顧よろしくお願いします。


(執筆:ビッグヴィジョンMD玉岡)

▲ページ上部へ